食育&レシピ

食育のお話や簡単おいしいレシピ(主食・主菜・おやつ)料理教室の報告などお伝えします。

ママ楽ランチ「塩麹納豆と菜花ののっけ丼」

店先には菜花が並び始めました!!愛らしい黄色の花びらは春の訪れを感じさせてくれます。菜花と言えば辛子和えも好物ですが一押しは蒸し煮です。
また、今ブームの塩麹、わが家では『麹漬け』という呼び名で納豆と合わせ冷蔵庫に常備しています。何かもう1品と言う時に、新鮮な魚介類や野菜の薄切りと一緒にささっと和えて重宝しています。
今回はその麹漬けと菜花を熱々ご飯にたっぷりと乗せて頂くお手軽ランチのご紹介です。納豆は好き嫌いがありますが、塩麹と合わせると納豆独自の香りが和やらいで食べやすくなります。青ネギやねり辛子を加えても美味しく頂けます!!
(キッチンHiro)
<材料>(1人分)
・ご飯  茶碗1杯分
(卵黄  1個)
*菜花  適量
*オリーブ油  少々
*クレイジーソルト  少々

(塩麹納豆)
・小粒納豆  1〜2p
・塩麹  小1〜2
・みりん  小1
・水戻し切り昆布  少々
・60℃位のお湯  適量

[下ごしらえ]
・塩麹納豆の材料を混ぜ合わせておく。(切り昆布は水で洗いひたひたの水に浸して柔らかくしたものを細かく切っておく)
※納豆の豆を柔らかくしたい時には60℃位のお湯をヒタヒタ位に加えて、1〜2時間おいてください。固い目がお好きな人はお湯は加えなくて結構です。
・菜花は一口大に切り冷水に10分間浸けてから水切りする。
[作り方]
1)菜花を蒸し煮する。フタがきっちりできる鍋に菜花・クレイジーソルト・オリーブオイル少々を入れ、中火にかけフタをして2〜3分加熱してから取り置く。
2)ご飯は熱々を用意し器に盛る。           
3)ご飯の上に塩納豆、その上卵黄を乗せる。菜花の蒸し煮をトッピングする。
※焼き海苔や刻み葱・すり胡麻をたっぷり乗せても美味しくいただけます。
※クレイジーソルトの替わりに塩でもOKですが、少量に控えてください。
[塩麹の作り方] 
・麹  300g 
・塩  100g 
・水  300〜330g

@麹はほぐしてから塩と合わせ容器に入れる。水をひたひた迄注ぐ。
A常温保存で1日1回混ぜ、冬場なら10〜14日位置く。(季節により調整、夏場は数日でできます。)
出来上がりの目安は麹が柔らかくなり(粒は少々残る)塩のかどが取れて麹の香りがしてきたら出来上がり。冷蔵庫で保存する。(3〜4ヶ月保存可)                       
※日にちが経過するにつれ、だんだん黄色っぽく色がついてきますが期間内なら問題ありません。夏場は1カ月半位で使い終えてください。



〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町814-13TEL:0739-20-1942・FAX:0739-20-1943 Eメール com@comdesign-npo.com
 All copyright reserved by Com Design