食育&レシピ

食育のお話や簡単おいしいレシピ(主食・主菜・おやつ)料理教室の報告などお伝えします。

みかんとミルクのツートン寒天

わが家のおせち料理に毎年登場する定番の甘味です。フレッシュな温州みかんを使って簡単に美味しく出来ます。
おせちの添えだけでなく盛り合わせると映りが良く、冷蔵庫での保存も4〜5日は持つのでどうぞ、お試しください!!(キッチンHiro)
<材料>
(ミルクの寒天)
・粉寒天  2g
・水  150g
・砂糖  30g Or(練乳30g+砂糖30g)       
・牛乳  150g
(みかん寒天)
・粉寒天  2g
・みかん缶の汁+水を合わせて  300g
・砂糖  65g
・レモン汁  15g
・レモンの表皮すりおろし  1/3個分

*みかん果肉  1個分
*キーウィフルーツ  1/2〜1個
<下ごしらえ>
・みかんは皮をむき白い所が多く付いているようなら、沸騰湯500gに重曹小さじ1を入れ(ワッと拭いてくるので火加減は中火で)みかんを丸ごと入れ、2分間ゆっくりかき混ぜたら火を止め3分間そのまま置く。みかんに直接当たらないよう冷水に当てて、みかんの表面をきれいにする。
(皮が薄くなり、白い部分は溶けてくる)             
縦半分にしてから5〜7o厚さに切る。
・キーウィフルーツは皮をむき、縦半分に切ったら芯の白い部分を切り取り、5o厚さに切る。
・流し型にラップを敷いておく。
<作り方>
1)ミルク寒天を作る。
@鍋に粉寒天と水を入れ、ヘラで鍋底からかき混ぜながら沸騰してきたら火加減を落とし2分間加熱して寒天を煮溶かす。
A@に砂糖を加え溶かしたら(練乳30g+砂糖30gでもよい)火から外し、牛乳を少しずつ加え、流し型に流し固める。
B固まったら、竹串で表面から2〜3o深さに斜め車線を1cm幅で入れる。(これをすることでこの上に流すみかん寒天が滑らない)        2)みかん寒天を作る
@鍋に粉寒天と水を入れ、ヘラで鍋底からかき混ぜながら沸騰してきたら火加減を落とし2分間加熱して寒天を煮溶かす。
A@に砂糖を加え溶かしたら火から外し、レモン汁・レモンの表皮を加え混ぜる。
B牛乳寒天の上に5o厚さまでみかん寒天を流し、下ごしらえしておいたみかんとキーゥイフルーツを体裁よく並べる。その上に残りの寒天を流し冷やし固める。
3)しっかり固まってから切り分ける。



〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町814-13TEL:0739-20-1942・FAX:0739-20-1943 Eメール com@comdesign-npo.com
 All copyright reserved by Com Design